ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアル

カタログはこちらからダウンロードしてください。
→ カタログPDFダウンロード (1.91MB)

ユーザー登録とコントロールパネル、インストール

この部分の詳細については、「ご利用の流れ」メニューをご覧ください。

接続元、接続先PCの動作環境

この部分の詳細については、「どんなソフト」メニュー、動作環境をご覧ください。

接続先のパソコン(ホスト) 側

  1. ホストプログラムをダウンロードし、インストールします。
  2. プログラムのネットワーク自動設定で、リモート接続を受けるスタンバイが整います。もし、スタンバイに失敗する場合は、「よくあるご質問」メニューをご参照ください。
  3. ホストプログラムはタスクトレイにあるアイコンの色でステータスが確認できます。
    スタンバイ中のタスクアイコン スタンバイしている状態 (青): この状態でビューワから接続可能です。
    接続中のタスクアイコン 接続中の状態 (緑): リモート接続中であることをお知らせしています。
    接続不能のタスクアイコン 接続不能の状態 (グレイアウト): インターネットに接続できていない場合や、サービスがメンテナンス中であることなどが考えられます。このときはリモート接続できません。
  4. プロパティ設定でお好みのリモート接続を決定します。
  5. ホストプログラムのプロパティ詳細

    ホストプログラムのプロパティ

    ログイン
    Windowsを起動、あるいはNeturoプログラムを起動すると同時にホストPCをスタンバイする機能です。リモートで再起動するときに便利ですし、つい外出するときにスタンバイを忘れるといったことを予防することにも役立ちます。

    セキュリティ
    リモートで接続しているとき、ホストPCは動作している画面が実際に表示されていることになります。退席時に他の人に画面を見られたくないときなどに、この機能を使うと便利です。VNC認証では、ホストPCに個別のパスワードを付与可能です。

    コンピューター名
    Neturoデフォルト時では、Windowsシステムのプロパティで設定されているコンピュータ名をそのまま使用します。この機能では、リモート接続時にどのPCだったかイメージしやすいように自由に名前をつけることが可能です。

接続元のパソコン(ビューワ)側

  1. コントロールパネル内「待機中のホストに接続する」から、接続したいPCを選択します。
  2. プログラムのネットワーク自動認識で、リモートコントロールが開始されます。
  3. リモートコントロール時は接続ウィンドウ上部にある「タスクバー」で付属アプリケーションが使用できます。
  4. リモート接続を終了するときは、リモート接続ウィンドウを閉じてください。
  5. タスクバーの詳細

    ultraVNCタスクバー

    「Ctrl+Alt+Delete」操作
    特殊キーである「Ctrl+Alt+Delete」の操作が可能です。タスクマネージャなどの操作に便利です。

    画質調整など詳細設定
    基本的には自動で最適な設定を維持しますが、転送速度を優先する場合など、画質を低くすることが可能で、他にも詳細設定が可能です。詳細は下記をご覧ください。

    画面情報の更新
    モバイル回線などで転送速度が遅いときに、手動で画面情報を更新できます。

    「Windowsキー」操作
    特殊キーである「Windowsキー」(スタート)操作が可能です。

    ファイル転送
    接続元のパソコンと接続先のパソコンの間で、自由にファイルのやり取りをすることが可能です。詳細は下記をご覧ください。

    リモート接続に関する詳細設定

    リモート接続に関する詳細設定

    フォーマットとエンコード
    これは、リモート操作の反応が悪いときなどに、転送画面の解像度を低く設定したり、色数を落として、データ転送量を調整する機能です。
    一部、上級者向けの表現となっておりますが、基本的にはプログラムで自動調整を行うようになっておりますので、「最適な設定を自動で選択」をチェックしてください。

    マウスボタン、マウスカーソル
    リモート操作時のマウスの取り扱いについて詳細設定が可能です。

    表示
    リモート接続ウィンドウの大きさ等を変更可能です。

    ファイル転送

    ファイル転送

    画面左側 ローカルマシン
    「接続元のパソコン(ビューワ)側」のエクスプローラを表示

    画面右側 リモートマシン
    「接続先のパソコン(ホスト) 側」のエクスプローラを表示

    ファイルの見つけ方は、Windowsのエクスプローラと同様です。ファイル転送したいファイルを選択し、中央の「送信」「受信」の向きに沿って操作してください。

GNU General Public Licenseで公開されている「Ultra VNC」をベースにした機能となっております。